私がニキビに悩んでいた頃

ポン太 女 40代 主婦 脂性肌

“私は今もう中年を過ぎ、ニキビで悩まされることはなくなりましたが、
若い時分にはずいぶんニキビに苦しめられたものです。

ですから、電車などで乗り合わせた若い娘さんが、顔中にニキビを作っていたりすると、
大丈夫だよ!時が過ぎればきっと治るからねと声をかけたくなります。
きっとその子もかつての私と同じように、とても悩んでいるだろうなと思うからです。

もちろんそんなことを突然言うのもはばかられますので、黙ってはいますが…。

私がニキビに悩んでいたのは、高校2年生ころから短大を卒業する頃までです。

思えば、一番新陳代謝が激しかったころなのでしょう。

スポーツもやっていましたので、汗やホコリに常にまみれ、清潔を保つのにも難しい環境だった
と言えます。

また、運動するせいか、食欲もすごくあり、カロリーの高いもの、油ものや脂肪分の多い食事にどうしても食指が動いてしまいがちでした。カツ丼やバターをたっぷり使ったグラタン料理なんかが大好きでした。

甘いものが良くないという認識はありましたので、ケーキやチョコレートは必死で我慢していました。

でもあの年頃って、友達同士で誘い合って、スイーツを食べにいったりするのがすごく楽しいんですよね。それを我慢するのがすごくストレスでした。ストレスがまたニキビを誘発していたのでは?と
今になって思います。

短大を卒業し、スポーツもしなくなると食欲もおさまり、自然と野菜中心の和食を好むようになり、
すぐにではありませんが、じょじょに良くなりました。”

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です